dhaで脳を活性【認知症予防効果も抜群!】

家族

腸内環境の整備が必要

サプリメント

年齢とともに善玉菌は減少

人間の腸の中には星の数ほどの細菌が住んでいます。この細菌が食物の分解や栄養分の吸収などをつかさどっているのですが、すべてが善玉菌とは限りません。善玉菌とは一般的に体に好影響を与える細菌です。しかし腸の中には悪玉菌も存在しています。悪玉菌は、体に有害な物質を作り出す細菌です。善玉菌を増やすことは体の健康状態を維持するうえでとても重要なのです。腸内環境のバランスは善玉菌と悪玉菌の数の左右によります。悪玉菌が増加すれば、血液を通して有害物質が運びやすくなり体の不調を訴えることになります。善玉菌は年齢とともに減少していきます。腸内環境を整えるには乳酸菌など外から生きたまま腸に菌を送り込む必要があるのです。

生きたまま腸に届ける

外部から乳酸菌を取り入れることで腸内環境が良くなります。乳酸菌には善玉菌の働きをサポートする役目があります。また乳酸菌自ら悪玉菌の退治も行ってくれます。できる限り乳酸菌を多く取り入れることが健康的な腸内環境を作る第一歩となるのです。乳酸菌はヤクルトなどの液体ドリンクをはじめとしてサプリメントなど固形のものもあります。液体の場合生きたまま腸に届ける確率はどうしても低くなりますが、固形のサプリメントの場合はより高確率で腸に生きたまま乳酸菌を送り届けることができます。そのため毎日続けるにはサプリメントのほうが効果的であるといえます。またサプリメントは持ち運びなどしやすく外出しているときでも気軽に摂取できるメリットがあります。